式年遷宮

こんにちは。 昨日のことですが、マックで子供が 『コーヒーにミルクと砂糖をたっぷり入れるぜ~。どうだ、マイルドだろ~。』 って言ったのがツボに入ってコーヒー吹きそうになったけど、 その父親が『どっちかと言うと、チャイルドだぜぇ~。』 とか言うから完全にコーヒー吹いちゃいました インベストメント事業部の山下です。 さて、話は変わりまして、今年は三重県にあります伊勢神宮にて 式年遷宮とやら行事が行われるようです。 遷宮(せんぐう)とは、神社の正殿を造営・修理する際や、 正殿を新たに建てた場合に、御神体を遷すことです。 式年とは定められた年という意味で、 伊勢神宮では20年に一度行われてます。 前回は、私が9歳のころに行われたんですね。 毎年初詣に参拝に行ってるはずですが、全く記憶に 御座いません。 第1回の式年遷宮が内宮で行われたのは、 持統天皇4年(690)のことです。 それから1300年にわたって続けられてます。 平成25年は第62回目の式年遷宮になるようです。 2013蟷エ+1_convert_20130328161931 来年のお正月は、生まれ変わったステキな正殿がみれそうです。 皆様も20年に一度のこの機会に伊勢神宮に足を 運んでみてはいかがですか?