わが故郷の戦い

※今回は「経理マン土井のラーメン日記」は取材の為お休みさせていただきます<(_ _)> というわけでお久しぶりです、経理担当の土井です(・ω・) 今回は私の故郷について書きたいと思います。 私の故郷は広島県東部に位置する府中市です。 最近まで知らなかったのですが、なんとその府中市名物である「備後府中焼き」がB-1グランプリに去年から参戦していたのです。 お好み焼き これは府中市の老舗お好み焼き屋「平の家」のお好み焼きです。 備後府中焼きとは、要するに広島風お好み焼きなんですが、普通のお好み焼きと違い、表面をカリッとなるまで焼く、バラ肉ではなくミンチを使う、といった特徴があります。 ちなみに、私はそれが普通の広島風お好み焼きだと思って20年以上過していました 現在府中市ではその備後府中焼きが結構な盛り上がりを見せているようで、この前実家に戻ったときは府中焼きの旗をよく見かけました。 しかも「府中焼きマップ」なるものまでありました。 府中焼きMAP ついでに、マスコットキャラクター「ミンチュー」というのも誕生したそうです。 ミンチュー そしてその備後府中焼きが、今月行なわれた「B-1グランプリin姫路」にも参戦したのです。 やはり地元ということもあって、自分も陰ながら応援していました。 果たして結果は? こちらがB-1グランプリin姫路のトップ10です。 惨敗じゃないですか!( ̄[] ̄;) しかし、もともと備後府中焼きはB-1グランプリにおいては不利とされているそうです。 なぜなら、投票された箸の重さで競うB-1グランプリにおいては、調理スピードも重要になってくるからです。 一枚一枚焼き上げないといけないお好み焼きでは、同時に大量に作れる焼きそばやうどんに調理スピードでどうしても劣ってしまいます。 そのため、作れる枚数にも限界があるので、お客様に食べてもらえる量で他のご当地グルメに遅れをとってしまったというのが、敗因の一つでもあるようです。 自分としては、味だけなら確実に上位を競えると思っていただけに、残念です( ´△`) しかし、こうやって徐々に備後府中焼きも浸透してきているので、いつかは上位入賞も夢ではないんじゃないんでしょうか( ̄▽ ̄) 今後も陰ながら備後府中焼きを応援したいと思います。 今度実家に帰ったら、備後府中焼きを食べ歩いてみましょうかね。 それではまた