経理マン土井のラーメン日記その11

お久しぶりです、管理業務主任者試験も無事終わり、勉強しなくていいという状況を全力で楽しんでいる経理担当の土井です(・ω・)ノ さて、今回ご紹介させていただくのは、山忠社内でも大人気のお店、麺屋はなび蟹江店です。 ラーメンブログを続けてきた甲斐があったと申しましょうか、なんとついに、経理担当の土井が、この麺屋はなびさんのブログに載せていただけたのです まずはその経緯を語らせていただきましょう。 話は遡ること10月31日。 その日休日だった私は、夜になってふと、麺屋はなびの台湾まぜそばを食べたくなりました。 思いたったらすぐ行動に出る私は、すぐに麺屋はなびへと向かいました。 お店に到着してみると、まだ開店してあまり時間が経っていなかったためか、行列にはなっていませんでした。 ちなみにいつもは何人か店前にならんでいるのが普通です。 これはラッキーと思い、お店に入ろうとしたのですが、その時、お店の中から奇妙な恰好をした2人の青年が出てきました。 一人は、中国の武術者が着るような服、いわゆる表演服のような青い服を着ていて、もう一人は黒いとんがり帽子に黒いマントという格好です。 ここで私は、「ああ、今日はハロウィーンの日か・・・」と思い出しました。 私にはまったく縁の無いイベントだったので、すっかり忘れていました。 最近の若者はこういうイベントでも盛り上がってるんだな、などと思いながら、お店に入ろうとする私。 すると、その青年2人がこちらを向いて、 「いらっしゃいませーー!!」と一言。 ああ、店員さんだったんですね どうやらこの日の麺屋はなびさんではハロウィーンイベントを行っていたようで、店員さんが全員仮装していました。 ちなみに、この日にハロウィーン仮装をして来店すると、かぼちゃのカップケーキをもらえたようです。 まあ、知っていたところで仮装して行くつもりは毛頭ございませんが さて、店内に入ってみると、店員さんが黄色い全身タイツを着てたり、映画に出てくるスクリームのマスクを被っていたりしました。 対してお客さんには仮装している人は見当たりませんでした。さすがにそれほどの勇気を持つ人は少ないようです。 そんなわけで、ようやくお目当ての一杯、台湾まぜそばど肉のせ(1,050円)が登場です。 麺屋はなび 台湾まぜそばど肉のせ この見た目だけで食欲をそそります 食べ方はいたってシンプル。 混ぜて、混ぜて、混ぜて、混ぜます。 麺屋はなび 台湾まぜそばど肉のせ まぜ後 そして豪快に食べます。 これぞ王道です。 途中でお酢を入れるのもオススメです。 味がまろやかになり、違った味が楽しめます。 そして私の一番のお気に入りが、このど肉です 台湾まぜそば ど肉アップ とても柔らかくてジューシーで、病み付きになります。 さて、麺を食べ終わりましたが、それで終わらないのが麺屋はなびの特徴です。 汁の残った丼ぶりにご飯を入れる「追い飯」というシステムがあるのです。 これは無料でできます。 台湾まぜそば 追い飯 そしてこれを混ぜて、混ぜて、混ぜます。 台湾まぜそば 追い飯 まぜ後 これで汁の最後の一滴まで堪能することができるのです。 こうして美味しく完食いたしました。 台湾まぜそば 完食 で、食事中に気になっていたのですが、店員さんらしき人が、いろいろと店内の写真を撮っていました。 もしやブログにでも載せるのだろうかと思い、後日、麺屋はなびのブログを見てみたところ、その日の写真が掲載されていました。 そしてなんと、そこに土井が写っていたのです ・・・もっとも、写っていた、というよりは、写りこんでいた、という表現のほうが適切かもしれません(^-^;) 詳しくはこちらで10月31日のブログ「今日の蟹江店は★」をご覧ください。 もし暇な人がいましたら、探してみてください それではまた お店データ 店名:麺屋はなび蟹江店 住所: 〒497-0037 愛知県海部郡蟹江町今西2-106 TEL:0567-96-7388 営業時間:11:30~14:00/18:00~22:00 定休日:日曜日・第2月曜日 ※土井がどこに写っているか気になる方は、下をドラッグして読んでください。 ・写真1枚目、カウンター越しに丼を受け取ろうとする店員さんの手のあたり。 ・写真3枚目、画面下の真ん中よりやや左側に写る後頭部。