経理マン土井のラーメン日記その16

お久しぶりです、マーカス・ミラーに憧れている経理担当の土井です(・ω・) さて、今回はダイエットに関する基本的な話を一つ。 ダイエットで重要なのは、1日のカロリーの収支をいかにしてマイナスにするか、ということです。 つまり、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを多くするということが肝心です。 このように聞くと、まず食事制限を考える方が多いと思います。 しかし、食事制限だけというのはオススメできません。運動も並行して行うべきです。 なぜなら、食事制限だけを行うと、体が省エネモードになってしまうからです。省エネモードになってしまうと、体が栄養を少しでも多く蓄えようとします。 その結果、痩せにくくリバウンドしやすい体質になってしまうのです。 そこで私がオススメするのは、腕立て伏せなどの簡単な筋力トレーニングです。 なぜなら、それによりカロリーを消費できるだけでなく、基礎代謝を上げることができるからです。 基礎代謝とは、何も運動をしなくても1日に消費されるカロリーのことで、これが高ければ高いほど燃費の良い体ということになります。 しかし、女性から時々「私は筋肉がつきやすい体質だか筋トレをすると逆に太くなってしまう」という声を聞きます。 私も学生時代に何度かそういった話を聞き、羨ましく思った記憶があります。 ですが、結論から申しあげましょう。 そんなことは99.9%起こりえません。 男性でも筋肉を太くするにはハードトレーニングや栄養管理といった努力が必要ですし、そもそも女性は体質的に筋肉がついても太くなったりはせず、むしろ引き締まって細くなるのです。 ちなみに残りの0.1%については、2つの可能性が考えられます。 ①ダイエットと言いながら高重量のウェイトを使ったハードトレーニングを行っている。 ②実はミオスタチン関連筋肥大症である。 ①はもはやギャグマンガのような話なのでまずありえないでしょう。 実際にハードトレーニング行っているとしたら、太くなって当たり前です。 もっと軽いトレーニングに切り替えましょう。 ②については可能性としては無いこともないのですが、まずありえない話です。 ミオスタチン関連筋肥大症というのは、簡単に説明すると「筋肉がつきまくる病気」です。この体質を持った人は凄いです。筋肉の量が通常の2倍にまで達することもあるそうで、小さい頃から超人的な身体能力を発揮するそうです。 例えば、ウクライナに「地球上で最強の少女」としてギネスにも登録されている少女がいます。 彼女もミオスタチン関連筋肥大症と思われ、12歳にして140キロのバーベルを持ち上げ、ベンチプレスは70キロを達成したそうです。 そして20歳になる頃には、350キロの重量を支えることができるようになったとか。 ですが現実問題として、ミオスタチン関連筋肥大症の人は全世界で約100名しか確認されておらず、そんな数千万人に1人の女性が日本のあちこちにいるというのもおかしな話です。 よってこの可能性もまずありえません。 しかし、実際に筋トレをしたら腕や脚が太くなったという女性も時々いらっしゃいます。 これについてはおそらく、ただむくんでいるか、運動したからと気を抜いてそのあと食べ過ぎてしまったかのどちらかでしょう。 いずれにせよ、筋肉を太くするにはそれに特化した訓練が必要になってくるわけで、自宅で軽く腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットをする程度なら、ダイエットにはなっても逆に太くなるなんてことはありません。 しかし、筋肉をつけるためには、筋トレをするだけではダメです。 食事にも気を付けなければなりません。 特に、良質なタンパク質を摂ることが必要です。 タンパク質、つまりは肉、つまりはチャーシューです。 というわけで今回オススメするのが、常滑市のラーメン屋「常滑チャーシュー」です。 常滑チャーシュー外観 名前から分かるとおり、チャーシューが特徴的なお店です。 このお店は午前10時からやっているということで、10時半頃に行ったのですが、すでに何人か別のお客さんも来ていました。お昼には行列になるのが普通だそうなので、早めに来て正解でした。 まず驚いたのが、メニューのシンプルさです。 メニューは、中華そば(680円)、おにぎり(150円)、ライス(100円)、豚まん(250円)の4つのみ。 そして中華そばを注文し、出てきたのがこちら。 常滑チャーシューラーメン1 デ カ イ ! ! かつてはチャーシュー1本を食べたこともある私ですが(※詳しくは経理マン土井のラーメン日記その2をご覧ください)、こんなサイズのチャーシューには初めてお目にかかりました。厚さも3センチはありそうです。 常滑チャーシューラーメン2 早速チャーシューをひとかじり。 油でギトギトかと思ったら、意外にアッサリとした口当たりで、それでいて味付けがしっかりとされています。そしてなによりもおいしい! 常滑チャーシューチャーシュー ちなみに、食べきれない人の為に、チャーシューお持ち帰り用のビニールが用意されています。 チャーシューは持って帰ってそのまま食べるのもいいですが、料理に使う方もいるそうです。 このチャーシューでチャーハンを作るととてもおいしそうですね。 また、お持ち帰り専用のチャーシュー(900円)も販売しているので、お土産に持って帰るのも良さそうです。 しかし、私は出されたものはちゃんと食べきる性分、残してお持ち帰りなどいたしません。 肝心のラーメンについてですが、シンプルな昔ながらの中華そばでした。 というより、チャーシューが強烈すぎてあまり印象に残りませんでした、店員さんスイマセンm(_ _)m しかし気になったことがあります。 なぜかレンゲがついてないのです。 スープだけ味わってみたかったので、器から直接飲んでみましたが、チャーシューを生かすためなのか、とても濃いスープでした。 確かにこれをレンゲでグイグイ飲んだら体に悪影響がありそうです。 そういった配慮なのかもしれません。 常滑チャーシューラーメン完食 結局、最後までペースが変わることもなく、普通に完食できました。 お腹の具合としても、まだ食べられそうなくらいです。 常滑チャーシューぶたまん なので、お持ち帰りで豚まんを買いました。 こちらにも常滑チャーシューのチャーシューが使われているそうで、神戸の老舗「皇蘭」で作られたものだそうです。これも美味しかったです。 愛知県内屈指のチャーシューを堪能させていただきました。 ごちそうさまでした。 お店データ 店名:常滑チャーシュー 住所:愛知県常滑市榎戸町1-83 電話番号:0569-42-3355 営業時間:[月~金] 10:00~14:30 [土・日・祝] 9:30~15:00 定休日:不定休