きくまさのつれつれ思考記

こんにちは!管理部の菊田です。 最近、何が常識なのか分からなくなりました というのも、担当しているタイムオフィスの男子トイレの事です。 ある日、掃除をしようと便座の蓋を開けたら、××が しかも、流しそこねて少し残っている訳でなく、 完全に洗浄ボタン押してないでしょっ というものです。 まぁ、しっかり見た訳でないけど (いや、普通にみれないでしょう、人の××なんて) こういう事が1回だけでなく、何回かあるので、 これは、家のトイレが自動洗浄タイプの輩の犯行か? でも、常識ある人間なら外で用を足したら流すでしょ。 という話を知人にしたら、帰ってきた答えが、 「ごめん、実家がリフォームしてそのタイプのトイレ。 1週間ぐらいいると慣れちゃって、悪気はないけど同じ事をする」 と告白した。が—ん 幼少時からこのタイプのトイレに親しんでいる人間が 成人したときに、 「えっ、トイレって自分で流すものなの?」という、 流さないことが常識になるのかもしれない。 今までの自分の中の常識が、 多数決の法則で崩れていくんだなぁと しみじみ思いました。