きくまさのつらつら思考記

こんにちは、管理部の菊田です。 先月の定休日に日帰りで、東京に行きました。 お目当ては、国立新美術館で開催されていた 「ルーブル美術館展」を観るため。 しかし、あなどりましたね~。 平日だし、開催も終わりに近いし、開館時間すぐだし、、 混んでいないだろうと思ったのですが。。 甘かった。会場に入るのに規制されました。 入ったら入ったで結構な人人人。 ちんたら並んで順番に1枚づつ観るなんてしていられない。 音声ガイドを聞きながら、遠目で観たり、近くに寄ったりしながら 鑑賞しました。 今回、2種類の音声ガイドがあり、子供向きの「名探偵コナン& 枡太一アナ」のコラボバージョンを選びました。 クイズ形式になっていて、大人も楽しめます! 150607_1.jpg 例えば、この絵のタイトルは「チェス盤のある静物」。 ここには、人間の「五感」が表現されているんですよ。分かります? トランプ・ビロードの巾着などは「触覚」、パン・ワインは「味覚」、 花は「嗅覚」、マンドリン・譜面は「聴覚」、鏡は「視覚」 そんなに奥深い絵だとは。 他にも、色々観かたのポイントを押さえてあって、良かったです。 東京は終わっていますが、6月16日から京都市美術館で始まります。 興味ある方は、足を運んでみてください。