マンション経営のメリット

20_03

マンション経営で得られるメリットは、その目的と密接に関わっています。「老後にゆとりと安心をもたらす私的年金」「万一の時に家族を守る生命保険」「各種税金の負担を減らす節税対策」「景気に左右されにくい資産形成」などが挙げられますが、あなたが求めるメリットは何でしょうか。年金制度が不安視され、超低金利時代に突入した今、その先の安心を得る最善策としてお考えください。

マンション経営のメリット 01

20_0720_11

公的年金制度が揺らぎ始めている今、実際に受給できる金額はさほど期待できません。個人での自己防衛策が求められる中、ゆとりある老後生活を確保する為に注目されるのがマンション経営です。その最大のメリットは、ローン返済後に家賃収入がそのまま副収入となること。長期的・安定的な収入として計算できるマンション経営は、私的年金として有効な手段と言えるでしょう。

マンション経営のメリット 02

20_1520_19

マンション経営は、生命保険の代わりとしても機能します。万一、ご本人様が亡くなられた場合、ローン残債は団体生命保険により完済され、資産としてのマンションと毎月の家賃収入がご家族様に残ります。生命保険・年金保険とマンション経営の収支を比較しても、マンション経営は購入当初から支払いよりも収入の方が上回りますので、そのメリットは一目瞭然です。

マンション経営のメリット 03

20_2220_26

不動産ならではのメリットの1つに、「損益通算」というしくみがあります。これは、他の所得と差し引きして所得税の還付や住民税の軽減などの恩恵を受けられるものです。また、相続税においても、課税対象が現金の場合は100%であるのに対して、不動産の場合は50%となるケースもあります。資産を不動産化するマンション経営は、大きな節税効果が期待できます。

マンション経営のメリット 04

20_2820_32

景気や物価の波に影響を受けやすい現金収入や預貯金などと比べて、都市部の不動産に限っては価値や価格が下がりにくいという特長があります。自己資金を効率よく運用するためにも、マンション経営が有効です。分譲マンションの購入は、わずかな初期費用で始められ、表面利回りも預貯金などに比べて高利回り。株式投資などと比較しても、リスクを低く抑えられます。